女性の髪を薄毛から守るシャンプー前の頭皮マッサージと、正しいシャンプーの方法を覚えましょう。

正しいマッサージ&シャンプー

薄毛や抜け毛の予防は健康的な頭皮から。正しいマッサージ&
シャンプーでいつまでも輝きを放つ美髪を目指しましょう。

毎日できる頭皮ケア 正しいシャンプーの仕方

薄毛や抜け毛が気になる方も、美しい髪を保ちたい方も、まずは頭皮を清潔にすることが大切です。シャンプーは髪にも頭皮にもやさしいアミノ酸活性剤を使用したものがおすすめ。正しいシャンプーの仕方で、頭皮環境を整えましょう。

STEP1

手櫛(指を広げて)でタプタプすすぎ、指の腹で髪と頭皮を流します。これで髪に付いたほこりや頭皮の汚れはほとんど取れます。

↓
STEP2

シャンプー剤は手のひらにポンプボトルで1〜2プッシュ出して両手にかるく広げ、後頭部に付けて後頭部から側頭部で泡立てて、以下の順で洗います。

1.後ろの生え際(後頭部)→2.左右の耳の後ろ・襟足(後頭部)→3.左右の耳の上・こめかみ(側頭部)→4.つむじ(頭頂部)→5.頭の前の部分(前頭部)→6.額の生え際 ↓
STEP3

一度すすぎ、もう一度髪と頭皮にシャンプーを広げます。この時、シャンプーの量は1回目の半分程度で十分です。

↓
STEP4

親指を除いた4本の指の腹を頭皮にあてて上下に動かし、ステップ2の順番で髪と頭皮全体に泡立てます。

↓
STEP5

下から上へ洗い上げる意識で指の腹で洗います。絶対に指先では洗わないように気をつけましょう。泡は髪と頭皮全体に広がり、こすらなくても髪の表面の汚れや皮脂はとれるので髪の毛を摩擦するようなもみ洗いはしないでください。

指の腹で洗います

シャンプーの時は指の腹、指紋の渦の部分から第一関節部の付近で洗います。

↓
STEP6

シャンプーと同様に下から上へ、毛の流れに逆らうように流していきます。上から流すだけでは頭皮にお湯は届かないので、指を広げて掌にお湯をためるようにしてタプタプとすすぎます。

↓
STEP7

指の腹で直接頭皮を触れ、頭皮にしっかりお湯が届いて洗浄成分が頭皮に残らないようにすすぎます。髪は頭皮に対しておよそ45度の角度で生えているので、髪の根元に指の腹でヌルツキがないかを確認してください。

シャンプーは顔を洗うようにやさしく

頭皮は顔の肌とつながっています。顔を洗う時と同じような感覚で、指の腹でやさしく頭皮を軽くもむようにして洗いましょう。

関連・おすすめコンテンツ

朝シャンと抜け毛?
:ヘアケアに関するお悩みQ&A
本格女性用スカルプシャンプー
:エイジレスなヘアケアシリーズ
美髪復活ストーリー
:薄毛を解消した女性の体験談
頭髪の専門病院
:無料カウンセリングを行っているクリニックの紹介

薄毛が気になりだしたら、1人で悩まずに専門医に相談しましょう

btn_couns.gifbtn_resv.gif
洗髪後の正しいタオルドライ&ドライヤー

シャンプー後の仕上げは、余分な水分を素早くやさしく除くことです。髪の毛がぬれている状態は乾いている時よりもデリケートになっていますので、タオルドライ&ドライヤーで髪のダメージから守りましょう。

STEP1

タオルで押さえるように髪を拭きます。摩擦は髪のキューティクルを傷めるので、こすらないように注意してください。

タオルで押さえるように髪を拭きます

髪をやさしくポンポンと押さえるようにして、水分を取り除きます。

↓
STEP2

髪だけでなく、地肌も水分をあらかた拭き取ります。

↓
STEP3

髪とドライヤーの間隔を10〜15cmあけます。指を広げて手櫛で髪をパサパサ揺らしながらドライヤーをあてましょう。

↓
STEP4

同じ部位に2秒以上熱風をあてないように、ドライヤーを左右に動かしながら、髪と頭皮を乾かしてください。

自然乾燥は良い?悪い?

タオルで水分を拭いてからならば自然乾燥も問題ありませんが、タオルで水分を拭き取らない状態からの自然乾燥は、角質を傷めたり、キューティクルを開いて頭皮と髪の過剰な乾燥のもとや冷えの原因になったりします。

あなたの頭皮は大丈夫?最も多い頭皮トラブル シャンプーにタオルドライ。頭皮を清潔にしていても、
おこってしまう頭皮トラブル…
こんな症状で悩んでいませんか?
誰にでもおこりやすい頭皮トラブルをご紹介。

頭皮がかゆい:頭皮湿疹
頭皮がかゆい:頭皮湿疹

何らかの原因により、かぶれたり炎症をおこしている事で頭皮がかゆくなります。(頭皮湿疹)
その原因はいくつかありますが、頭皮が乾燥している、シャンプーが肌に合わない、ワックスなどの整髪料が頭皮に残る事で炎症がおきるなど、頭皮湿疹の原因は人それぞれです。

頭皮の乾燥:頭皮乾燥と頭皮保湿
頭皮の乾燥:頭皮乾燥と頭皮保湿

頭皮の水分量が不足し、頭皮がカサカサになることでフケが出ます。この状態の頭皮は免疫力が低下しているため、放置しておくと、さらなる頭皮トラブくを招く事に…。
また、乾燥を防ぐには、頭皮保湿が大切です。髪の毛ばかりに気を取られて頭皮の保湿を忘れていませんか?頭皮も肌と同じように保湿が必要です。現在使用しているシャンプーも見直してみましょう。

頭皮のフケ
頭皮のフケ

フケは頭皮の新陳代謝が活発になり、古い角質層が剥がれたもので通常は問題ありません。しかし、量が多く、痒みが強い場合は脂漏性皮膚炎を起こしていることがあり、頭皮に紅斑を生じ、多量のフケを発生します。

正常な頭皮とトラブルをおこしている頭皮

正常な頭皮
皮膚の色調はやや青白く、一つの毛孔から2〜3本の毛髪が生えている。
頭皮の色調にムラがない。
脂性フケ(左)
脂症のため、脂性のフケが多いが、頭皮はやや青白く正常な色調。
脂漏性湿疹(右)
脂漏性湿疹と脂性フケのかたまり。頭皮は赤く、塊になった脂性のフケが多く存在。
皮脂を好むマラセチア真菌の増殖により、脂漏性皮膚炎が起きている
裂毛
毛髪の本数に異常はないが、短く切れた毛が多数見られる。
頭皮は赤みを帯びているが、フケは多くない。
接触性皮膚炎
洗髪時にコンディショナーの流し残しにより、接触性皮膚炎が起きている。
シャンプー時に頭皮をこすり過ぎているため、頭皮に炎症がおきて頭皮が赤くなっている。

頭皮湿疹や乾燥、フケなど、こうした頭皮トラブルが薄毛や抜け毛に繋がることもあります。実際に、クリニックで診察、ご相談を受ける中には頭皮湿疹やフケなどが薄毛のきっかけになっている方もいらっしゃいます。
最近髪のボリュームが少なくなったと感じたり、少しでも気になる症状がある場合は早めに専門医師に相談しましょう。

【無料相談】女性の薄毛のこと、治療のこと。お気軽に、無料カウンセリングへご相談ください。

  • 無料カウンセリング
    当日は一度ご帰宅いただきます。
    治療はご自宅でゆっくりご検討ください。
  • 無料カウンセリング

やりすぎな頭皮マッサージはNG!?

ヘアケア(頭皮ケア)の1つに、頭皮のマッサージがあります。マッサージを行うことで、頭皮の血行を促進して、頭皮が固くならないようにすることは日常に取り入れることができる簡単なヘアケアです。

しかし、薄毛を気にする方はその方法にも少し注意が必要です。頭皮を健康にしようと、過剰なマッサージで頭皮を傷つけてしまい、別のトラブルを引き起こしてしまうこともあります。薄毛をなんとかしようと、やりすぎてしまう人が多いようです。

また、マッサージを行ったからといって、「発毛」するわけではありません。
あくまでもマッサージは健康な頭皮を保つための、また、リラクゼーション効果を期待するためのケア方法にすぎません。

既に髪のボリュームが気になる、セットが決まらなくなったなど、具体的な薄毛や抜け毛のお悩みをお持ちの方は、専門外来にご相談ください。

無料カウンセリングでスタッフとお話するだけでも、「気持ちが前向きになった」と、帰宅される方もいらっしゃいます。お気軽にお問い合わせください。

専門医が女性の髪の悩みに応えます。
関西エリア もっと女性が通いやすい病院へ 女性専用の頭髪外来を新設 脇坂クリニック大阪特集 詳しくはヘアメディカルビューティーへ
特集 私も発毛できた! 主要駅から徒歩5分以内 皮膚科でもサロンでもない髪の専門病院 クリニック別専門外来特集 AACクリニック銀座 AACクリニック名古屋 脇坂クリニック大阪 城西クリニック福岡
  • 初診来院予約
  • 無料カウンセリング

あなたと似た症例が検索できます

40代からはじめる女性の薄毛治療

女性の薄毛外来

AACクリニック銀座浜中院長の書籍が発売されました

女性の薄毛を防ぐシャンプーの方法