メディア情報

様々な新聞、雑誌、テレビに「ヘアメディカルビューティー」を取り上げていただいています。その一部をご紹介させていただきます。

集英社

集英社
媒体
My Age春号

【“薄毛と白髪になりにくい”頭皮でいる秘訣とは?】

――◇◆◇―――――――――――――
 日々のケア次第で、
   頭皮も髪も生まれ変われる
―――――――――――――◇◆◇――

 加齢に追い打ちをかけ、女性ホルモンの分泌や免疫力がていかしてくるマイエイジ世代は、髪のエイジングが最も進行するとき。髪は若々しさや美しさを図るバロメーターだからなんとかしたい!でもどこから着手すればいいか分からない、という人も多いのでは?

「特別なことをする必要はありません。健康に気をつけること=髪のケアをすることになりますから。髪のトラブルはホルモンの乱れの影響もありますが、基本的には食生活や生活の乱れなど、日々のさまざまな原因が重なって進行します。解決するには、バランスのとれた食事、質のよい睡眠、適度な運動が必要になります。髪は体の中を映し出す鏡。少しの生活の改善でも大きく変わってくるはず」(浜中聡子先生)


――◇◆◇―――――――――――――
 今さら聞けない白髪に関する疑問
―――――――――――――◇◆◇――

Q.白髪は遺伝するの?
A.遺伝はするけれど、後天的な影響も大きいです。
浜中先生:白髪が発生しやすい体質は、遺伝も大きいようです。ただ、鉄分が不足すると白髪になりやすく、動物性と植物性のたんぱく質をバランスよくとっていると白髪になりにくい、というデータも。

Q.白髪は抜いても大丈夫?
A.抜いてはダメ!毛根が傷つき、薄毛の原因に。
浜中先生:無理に抜くと毛根に傷がついて、将来の薄毛の原因にもなります。染めたり根元からカットしたりしましょう。

Q.なぜ白髪になるの?
A.メラノサイトの働きの低下が主な原因。
浜中先生:メラノサイトの働きの低下が原因で、髪に色がつかなくなります。ただ、メラノサイトの機能が低下する理由については、メラノサイトの活性化に関係する遺伝子や成長因子の発見などは進んでいますが、まだ解明はされていません。そのため、白髪を治す方法はいまのところありません。

Q.白髪に海藻がいいってホント?
A.本当です。でも大事なのは、バランスのいい食事とデトックス。
浜中先生:髪の毛の約99%を構成するたんぱく質が不足しないように。たんぱく質の吸収を高めるためにはビタミンやミネラル類も必要ですし、活性酵素抑制のために抗酸化成分も重要。やはり食事はバランスよく、が基本です。

メディア紹介一覧へ

薄毛・抜け毛に関するお悩みは無料カウンセリング
専門医が女性の髪の悩みに応えます。
関西エリア もっと女性が通いやすい病院へ 女性専用の頭髪外来を新設 脇坂クリニック大阪特集 詳しくはヘアメディカルビューティーへ
特集 私も発毛できた! 主要駅から徒歩5分以内 皮膚科でもサロンでもない髪の専門病院 クリニック別専門外来特集 ウィメンズヘルスクリニック東京 AACクリニック名古屋 脇坂クリニック大阪 城西クリニック福岡
  • 初診来院予約
  • 無料カウンセリング

あなたと似た症例が検索できます

40代からはじめる女性の薄毛治療

女性の薄毛外来

ウィメンズヘルスクリニック東京浜中院長の書籍が発売されました

集英社