美髪レシピ

美髪を保ち、育むためにはバランスのよい食事が大切です。旬の食材を使ったおいしい美髪レシピで生き生きとした美しい髪を目指しましょう。

 
新着
Recipe No.45 たこと甘夏のレタスサラダ
たこは低カロリーなわりに良質なたんぱく質が豊富で、ダイエットにもおすすめの食材。肝機能を高めて解毒作用を強化してくれる「タウリン」が豊富なので、お酒のおつまみにも最適です。ビタミンCが豊富なフルーツや野菜と組み合わせることで、バランスがさらによくなります。
この美髪レシピを見る
美髪レシピバックナンバー
  • 空豆とベーコンのケーキサクレ
    Recipe No.44 空豆とベーコンのケーキサクレ 詳細はこちら
    空豆は空気に触れると味も鮮度もすぐに落ちてしまうので、できればサヤに入ったものを選び、サヤから出したらすぐに調理していただくようにしましょう。イライラ解消や、 むくみの解消にも効果があり、冬に溜まった疲労をデトックスするのにぴったりです。
  • あさりと香菜のワイン蒸し
    Recipe No.43 あさりと香菜のワイン蒸し 詳細はこちら
    あさりに含まれる栄養素の特徴は、鉄分とビタミンB12が豊富なこと。貧血予防と肝機能強化に効果的な食材です。また、タウリンも多く含まれ、コレステロール低下などにも効果があります。
  • 里芋のもちもちトリュフチョコレート
    Recipe No.42 里芋のもちもちトリュフチョコレート 詳細はこちら
    里芋は、食物繊維が豊富で芋の中では低カロリーなヘルシー食材。ぬめりの成分は、血圧やコレステロールを下げる効果などがあると言われています。デトックス効果とアンチエイジング効果が期待できるうれしいチョコレートです。
  • 白菜とベーコンのパスタ柚子胡椒風味
    Recipe No.41 白菜とベーコンのパスタ柚子胡椒風味 詳細はこちら
    白菜は、野菜の中でも特に糖質が少なくカロリーが低めなので、たくさん食べても太りにくい食材です。また、ビタミンCや食物繊維、カリウムも豊富です。ビタミンCを効率よく摂取するためには、生で食べるのがおすすめです。
  • 水菜とササミの梅しそ和え
    Recipe No.40 水菜とササミの梅しそ和え 詳細はこちら
    水菜は、若々しさをキープするために必要なビタミンA、ビタミンCがたっぷり含まれ、ササミは高たんぱく低脂肪で、ダイエットに欠かせないビタミンB群も豊富な食材。また、梅干しは疲労回復効果のあるクエン酸が豊富に含まれているので、嬉しい効果の多いメニューです。
  • ガスパチョ
    Recipe No.39 ガスパチョ 詳細はこちら
    トマトの「リコピン」は活性酸素や紫外線から私たちの体を守ってくれ、赤パプリカは緑ピーマンより抗酸化能力が高く、「カプサンチン」はリコピン同様高い抗酸化能力があります。ビタミンCやビタミンAも豊富なので、加熱せずに食べると栄養素を損なうことなく摂取できます。
  • きのこのライムマリネ
    Recipe No.38 きのこのライムマリネ 詳細はこちら
    きのこには、老廃物や過剰に摂取しすぎたものを体の外に出してくれる『食物繊維』が豊富に含まれています。他にも、カルシウムの吸収をよくするビタミンD、代謝に欠かせないビタミンBも豊富に含まれていて、ヘルシーで栄養たっぷりの優れもの食材です。
  • ジェノバソースの冷製パスタ
    Recipe No.37 ジェノバソースの冷製パスタ 詳細はこちら
    爽やかな香りと独特の味が特徴のバジルは、カロテンが豊富で、粘膜の保護や美髪・美肌作りには最適です。また、カルシウムも豊富に含んでいます。食欲増進、抗菌作用もあり、食欲が落ちやすい夏にはぴったりです。
  • クレソンと豆乳の冷製スープ
    Recipe No.36 彩り野菜の豆乳バーニャカウダ 詳細はこちら
    国産にんにくの旬は6〜7月。にんにくの香り成分「アリシン」は、ビタミンB1と結合し「アリアチミン」となり、糖代謝を促したり、疲労回復効果を高めてくれます。また、免疫力アップ、胃腸活性、抗がん作用などもあり、健康維持にかかせない食材です。
  • クレソンと豆乳の冷製スープ
    Recipe No.35 イカとあさりのトマトパエリア 詳細はこちら
    カロリーが低い割にたんぱく質量が多いイカは、食べごたえがあるのでダイエット中にオススメで、美髪・肌にも効果的な食材です。タウリンやビタミンB12を多く含むアサリ、ビタミン豊富なパプリカ、抗酸化作用に優れたトマトも入った栄養バランスの良いメニューです。
  • クレソンと豆乳の冷製スープ
    Recipe No.34 クレソンと豆乳の冷製スープ 詳細はこちら
    クレソンは「身体にいい」お野菜です。カロテン、ビタミンC、カルシウム、鉄分が豊富で、女性に必要な栄養素を補い、美髪と美肌効果抜群。また、辛味成分「シングリン」が、胃の働きを活発にしてくれるので、春にはたっぷりいただきたい、旬のお野菜です。
  • サーモンと菜の花の巻き寿司
    Recipe No.33 サーモンと菜の花の巻き寿司 詳細はこちら
    菜の花は、ほろ苦く独特の風味があり、春を感じる野菜のひとつ。栄養価がとても高く、美髪や美肌に欠かせないビタミンCをはじめ、ビタミンA、B1、B2などのビタミン類を豊富に含む、カラダに嬉しい旬の野菜です。
  • 洋風うど味噌
    Recipe No.32 豆乳と葛のプリン苺ソース 詳細はこちら
    いちごは、もともと春が旬でしたが、現在では12月末〜4月が旬となっています。いちごに含まれる栄養素の特徴は、なんといっても「ビタミンC」が豊富なこと。7〜8粒程度で、1日に必要なビタミンC量を摂取することができます。
  • 洋風うど味噌
    Recipe No.31 洋風うど味噌 詳細はこちら
    寒い時期の『寒うど』、早春の『春うど』があります。ほのかな苦みとシャキッとした食感が特徴。春に旬を迎える野菜は、アクや苦みが強くデトックス効果の高い食材が多いです。うどは漢方では発汗、利尿作用、解熱や神経痛の薬としても利用される食材。
  • かぶと白ごまのポタージュスープ
    Recipe No.30 かぶと白ごまのポタージュスープ 詳細はこちら
    長かぶの根の部分はビタミンCが豊富に含まれ、美しい髪や肌を作る栄養素がたっぷりとれます。またアミラーゼも多く整腸作用があり、腸を健康にしてくれます。胃にもやさしいので、胃の調子が悪いときや風邪をひいたときにおすすめのスープです。
  • 長芋とベーコンのアンチョビ風味グラタン
    Recipe No.29 長芋とベーコンのアンチョビ風味
    グラタン
    詳細はこちら
    長芋は山芋の1種で、分解酵素のジアスターゼが豊富に含まれるので、『生』で食べることができる珍しい芋です。カラダの生成に欠かせないタンパク質の消化吸収を促してくれるネバネバ成分の「ムチン」が豊富に含まれ、胃腸を元気にしてくれる働きもあります。
  • サーモンと梨のカルパッチョ仕立て
    Recipe No.28 サーモンと梨のカルパッチョ仕立て 詳細はこちら
    鮭は抗酸化作用に優れた魚で、美容と健康のためにぜひ頻繁に摂りいれたい食材です。鮭の赤い色素成分は『アスタキサンチン』で、ビタミンEの500倍以上の抗酸化作用があるといわれています。加熱しても美味しいですが、生の状態で食べるのがおすすめです。
  • さんまのハーブパン粉焼き
    Recipe No.27 さんまのハーブパン粉焼き 詳細はこちら
    さんまは、良質なタンパク質をしっかり含むのはもちろん、不足しがちで、健康な髪のために欠かせない『鉄分』『カルシウム』を豊富に含む、栄養バランスの優れた魚。鉄分は髪に栄養を運んでくれる重要な役割があり、カルシウム不足は抜け毛の原因になります。
  • かつおのガーリック焼き!豆腐と胡麻のソース添え
    Recipe No.26 かつおのガーリック焼き!
    豆腐と胡麻のソース添え
    詳細はこちら
    夏の紫外線で、髪はかなりダメージを受けています。また、夏はついつい麺類などの簡単な食事に頼りがちで、タンパク質が不足しがち。今月の『美髪レシピ』は、8月末〜秋にかけて旬を迎える「かつお」と、良質な植物性タンパク質を含む「豆腐」を使ったレシピです。
  • 小松菜と帆立の塩炒め
    Recipe No.25 小松菜と帆立の塩炒め 詳細はこちら
    健康な髪を作るには、血液力を高めることが欠かせません。小松菜は、野菜の中では特にカルシウム、鉄、葉酸が豊富です。低カロリーでたんぱく質が豊富な帆立には、ビタミンB12が多く含まれています。小松菜と帆立を組み合わせることで、互いに協力しあって髪の健康に働きます。
  • さばのおろし煮
    Recipe No.24 さばのおろし煮 詳細はこちら
    旬のさばには、髪の健康に欠かせない、良質のたんぱく質、ビタミンB2やビタミンB6などのビタミン、亜鉛などのミネラルが豊富に含まれています。「さばのおろし煮」は、大根に含まれる消化酵素のジアスターゼが消化を助け、脂ののったさばもさっぱりといただけます。
  • スピナッチエッグ
    Recipe No.23 スピナッチエッグ 詳細はこちら
    調理が簡単で、髪に必要なタンパク質、ビタミンB群、鉄などの栄養素が効率よく補える卵は、朝食にもぴったりの食材です。今回の料理レシピ「スピナッチエッグ」は、朝食でとりたい食材を組み合わせた簡単メニューです。ほうれん草は、この時期、特にビタミンCやベータカロテンが多く含まれています。
  • きのこたっぷり肉豆腐
    Recipe No.22 きのこたっぷり肉豆腐 詳細はこちら
    新しく生えてくる髪のために、キューティクルを作る栄養成分のコラーゲンと銅を摂取して、きれいな髪を作る再生力を高めましょう。たっぷりきのこの肉豆腐は、牛肉と豆腐を組み合わせて、気になる動物性脂肪を減らしています。また、見た目のボリューム感があるので、ダイエット中の方にもおすすめです。
  • 秋鮭の野菜椀
    Recipe No.21 秋鮭の野菜椀 詳細はこちら
    夏の強い紫外線で傷ついたキューテクルは、髪のトラブルの原因です。キューティクルが傷つくと、つやがなくなったり、ぱさぱさしたり、枝毛や切れ毛を起こしやすくなります。秋鮭の野菜椀は、たんぱく質やビタミンDが豊富な鮭と、ビタミンやミネラルの多い季節の野菜を煮合わせたメニューです。
  • かぼちゃの冷製スープ
    Recipe No.20 かぼちゃの冷製スープ 詳細はこちら
    かぼちゃは、1つの野菜でビタミンACEがたっぷり摂れる夏に特におすすめの食材です。今回は、冷製スープのレシピをご紹介します。牛乳をたっぷり加えることにより、カルシウムやたんぱく質も補えます。隠し味としてカレー粉を加えると、かぼちゃのスープを大人の味に仕上げます。
  • あさりとわかめの炊き込みご飯
    Recipe No.19 あさりとわかめの炊き込みご飯 詳細はこちら
    ツヤがあって丈夫な髪。その美しさを決めるポイントは、髪を育てる頭皮の毛母細胞に十分な栄養が行き届いていることです。生わかめを使ったあさりとわかめの炊き込みご飯は、手軽にビタミン、ミネラルを補えるメニューです。しょうがは、血行促進の効果も期待できます。
  • 鯵のヨーグルトマリネ
    Recipe No.18 鯵のヨーグルトマリネ 詳細はこちら
    鯵は、たんぱく質とアミノ酸を含むうえ、脂肪部分には血液力を高めるDHAやEPAが多く含まれている髪の健康におすすめの食材です。鯵のヨーグルトマリネは、旬の鯵と、白髪を増やさないために摂りたいカルシウムを摂れるヨーグルトを組み合わせたメニューです。
  • にらとあさりの蒲焼き
    Recipe No.17 にらとあさりの蒲焼き 詳細はこちら
    にらとあさりの薄焼きは、髪の健康に欠かせないビタミン、ミネラルが手軽に摂れるおつまみにも最適なメニューです。にらの香り成分アリシンは、ユリ科の野菜に共通して含まれるイオウ化合物の1つで、疲労回復に役立つビタミンB1の吸収を高め、疲労からくるストレスの緩和にも役立ちます。
  • 新にんじんとツナのサラダ
    Recipe No.16 新にんじんとツナのサラダ 詳細はこちら
    今回ご紹介する「にんじんのサラダ」は、β-カロテンの吸収を良くするため、あえてノンオイルドレッシングではなく、良質の油を使っています。さらに、オリーブオイルやツナ缶詰に多く含まれるビタミンEは、毛細血管を広げて血行を良くする働きがあり、髪に必要な栄養素を毛乳頭まで運んで新陳代謝を高めます。
  • 魚介の春サラダ
    Recipe No.15 魚介の春サラダ 詳細はこちら
    春先の産卵前のあさりは旨味成分が増え、旬といわれています。丸ごと食べる貝類は、ビタミン、ミネラルがバランスよく含まれ、特に、鉄、亜鉛が豊富です。たこやいかには、血液中にヘモシアニンという銅を含むたんぱく質が含まれるので、いろいろな魚介を組み合わせて、ミネラルをバランス良く補いましょう。
  • さばの味噌煮
    Recipe No.14 さばの味噌煮 詳細はこちら
    寒い季節が旬のさばには、髪の健康に欠かせない、良質のたんぱく質、ビタミンB2やビタミンB6などのビタミン、亜鉛などのミネラルが豊富に含まれています。新鮮なさばを見かけたら、味噌煮がお勧めです。煮汁も残らずさばにかけて、旨味と、栄養成分を無駄なくいただきましょう。
  • 石狩鍋
    Recipe No.13 石狩鍋 詳細はこちら
    寒い季節は何といっても鍋が美味しいですね。体を温め、血行をよくするうえ、たっぷりの野菜と良質のたんぱく質がバランスよく食べられる、髪にとって理想的なメニューといえます。材料を切って火にかけ、みそで味付けをしますので、具たくさんのみそ汁を作る要領で簡単です。
  • 牡蠣と白菜のカレースープ
    Recipe No.12 牡蠣と白菜のカレースープ 詳細はこちら
    旬の牡蠣は、貧血を予防し、血行をよくする鉄や、細胞の生成に欠かせない亜鉛が多く含まれる、髪の健康によい食材です。今回の「牡蠣と白菜のカレースープ」は、カレーで風味づけをするため、どうも牡蠣の磯の香りが苦手…という方にも試していただきたいメニューです。
  • 冬瓜とあさりのスープ煮
    Recipe No.11 冬瓜とあさりのスープ煮 詳細はこちら
    ヘアケアは外からのケアーとともに、髪の再生を助ける栄養素を補うことが大切です。あさりは、鉄や亜鉛を多く含み、貧血予防や、髪の再生に効果があり、夏に不足しがちな栄養素を補えます。控えめに味付けし、スープごと召し上がってください。
  • さんまの有馬煮
    Recipe No.10 さんまの有馬煮 詳細はこちら
    紫外線を浴びた髪のダメージが気になる季節です。健康な髪を取り戻すには、食事からのケアーも欠かせません。旬のさんまを山椒の実と一緒に煮た有馬煮は、内臓ごと食べるので、カルシウム、鉄、銅、亜鉛を効率よくいただくことができます。旬の時期には、食卓に登場させる回数を増やしてください。
  • さっぱりやっこ
    Recipe No.09 さっぱりやっこ 詳細はこちら
    残暑で食欲のないときでも口当たりがよく食べやすい豆腐は、髪の材料になるたんぱく質補給に最適です。他の食材を組み合わせることで、おいしさも、栄養価もあがります。今回はわかめや、油漬けのまぐろを豆腐にトッピングする「さっぱりやっこ」のレシピをご紹介致します。
  • あさりとわかめの酢味噌和え
    Recipe No.08 あさりとわかめの酢味噌和え 詳細はこちら
    貝類や海藻には、鉄、亜鉛、銅などのミネラルが豊富に含まれています。鉄は特に吸収率の低い栄養素ですが、ビタミンCや、クエン酸と一緒に摂ると鉄の吸収を助けてくれますから、貝類に野菜やお酢と組み合わせると良いでしょう。今回は貝類が苦手な方にも食べやすい「あさりとわかめの酢味噌和え」の作り方をご紹介します。
  • 豚肉とクレソンのボリュームサラダ
    Recipe No.07 豚肉とクレソンのボリュームサラダ 詳細はこちら
    豚肉とクレソンのボリュームサラダは、ビタミンB1が豊富な豚肉と、カロテン、カルシウム、鉄を豊富に含むクレソンを組み合わせた、疲労回復にも効果的なメニューです。クレソンのピリッとした辛味はシニグリンという成分で、食欲増進、消化促進作用がありますので、食欲が落ちがちな夏場にもピッタリです。
  • 豆腐サラダ・コブ風
    Recipe No.06 豆腐サラダ・コブ風 詳細はこちら
    たんぱく質は、血液や筋肉、臓器、皮膚、毛髪などの構成成分になるとともに、ホルモン、酵素、免疫物質などの材料にもなる、私たちにとって一番とも言える大切な栄養素です。今回ご紹介する料理レシピは、豆腐に抗酸化ビタミン豊富なトマトや、アボカドを取り合わせ、主食にもなるボリュームサラダです。
  • 新にんじんの黒ごまマヨネーズ和え
    Recipe No.05 新にんじんの黒ごまマヨネーズ和え 詳細はこちら
    ビタミンAは、皮膚や粘膜を健康に保つ脂溶性ビタミンで、上皮細胞を正常化し、皮膚や粘膜の免疫機能を高める働きがあります。にんじんはカロテンが多く、生でいただくとビタミンCも効率よくとることができます。新にんじんに、マヨネーズやツナ、黒ごまを加えた抗酸化ビタミンいっぱいのメニューをご紹介します。
  • 温泉卵のピペラードソース添え
    Recipe No.04 温泉卵のピペラードソース添え 詳細はこちら
    抜け毛や白髪が気になりだしたら、食事から髪に良い栄養素を意識的に摂りましょう。卵に多く含まれるイオウは、ケラチンという毛髪のたんぱく質に含まれ、つややかな髪を作ります。卵は焼いてよし、茹でてもよしと、使いやすい食材ですから、1日に1個くらいを目安に食事に取り入れると理想的です。
  • 切り昆布と帆立貝の炒め煮
    Recipe No.03 切り昆布と帆立貝の炒め煮 詳細はこちら
    健康な髪のためには、たんぱく質を多く含む食材を摂るだけでなく、栄養バランスを考え、不足しがちなビタミン類を補いましょう。冬場でも脂質や糖質の摂り過ぎは皮脂を過剰に分泌させ、ふけや抜け毛の原因になります。低脂肪の魚介類や海藻から、髪の発毛促進や育毛に必要な栄養素を摂るのがお勧めです。
  • ハムと冬野菜のホットポット
    Recipe No.02 ハムと冬野菜のホットポット 詳細はこちら
    髪に良い食事は、原則的に肌に良い食事と同じです。今回は、皮脂の代謝をコントロールするビタミンB2が多めに含まれているボンレスハムを使った簡単レシピをご紹介致します。ハムと野菜のホットポットは、おいしくなった冬野菜を小さめに切ってあるので、調理時間も短く、朝食に最適です。
  • 牡蠣の柚庵蒸し
    Recipe No.01 牡蠣の柚庵蒸し 詳細はこちら
    これから旬を迎える牡蠣には、髪の成長を促すミネラルの鉄や、亜鉛が豊富に含まれています。亜鉛は、皮膚の新陳代謝を行ったり、たんぱく質の合成や、老化の原因となる活性酸素の抑制に関係する酵素やコラーゲンの生成に必要な、美肌を作るミネラルでもあります。
美髪レシピメモ 毎日の食事にとり入れたい美髪に必要な栄養素
■黒い髪を作る
◎カルシウム
カルシウムが含まれる食品:乳製品、小魚、大豆、果実類など
■白髪予防、黒い髪を作る
◎銅、亜鉛
銅が含まれる食品:アーモンド、牡蠣、枝豆、牛レバーなど
亜鉛が含まれる食品:牡蠣、牛肉、ラム肉、ゴマなど
■皮脂の分泌を抑制し、皮膚の新陳代謝を促す
◎ビタミンB群
ビタミンB群が含まれる食品:レバー、卵、カツオ、バナナ、豆類など
専門医が女性の髪の悩みに応えます。
関西エリア もっと女性が通いやすい病院へ 女性専用の頭髪外来を新設 脇坂クリニック大阪特集 詳しくはヘアメディカルビューティーへ
特集 私も発毛できた! 主要駅から徒歩5分以内 皮膚科でもサロンでもない髪の専門病院 クリニック別専門外来特集 AACクリニック銀座 AACクリニック名古屋 脇坂クリニック大阪 城西クリニック福岡
  • 初診来院予約
  • 無料カウンセリング

あなたと似た症例が検索できます

40代からはじめる女性の薄毛治療

女性の薄毛外来

AACクリニック銀座浜中院長の書籍が発売されました

美髪のための美味しいレシピ