美髪レシピ ハムと冬野菜のホットポット
ハムと冬野菜のホットポット
【材料 2人分】
ボンレスハム
(1cmの厚さのもの)
1枚(170g)
カリフラワー 1/4個
カブ 2個
長ネギ 1/2本
じゃがいも 大1個
エリンギ 1本
バター 大さじ2
小麦粉 小さじ2
チキンスープの素 (水200mlに固形
スープ1個をとく)
牛乳 300ml
塩、こしょう 適宜
パセリのみじん切り 少々

※総カロリーは1人分 430kcl(料理製作時に材料を計量して算出した概算です。目安としてご利用ください)

はてなブックマーク livedoorクリップ ニフティクリップ Choix あとで読む Buzzurl Google Bookmarks FC2ブックマーク
作り方
  1. ボンレスハムは、1cmの角切りにする。カリフラワー、カブ、長ネギ、じゃがいもと、エリンギも1cm角くらいの大きさにそろえて切る。
  2. 鍋にバターを熱し、(1)で切った野菜とエリンギを炒める。なべを火から下ろして小麦粉を振り入れ、もう一度火にかけて、焦がさないようによく炒める。 野菜が柔らかくなるまで炒まったら、水200mlに溶かしたチキンスープの素と牛乳を加える。ハムも加え、温まったら、塩、こしょうで、調味してスープ皿に盛り付ける。仕上げに上からパセリのみじん切りをふる。
美髪のヒント

髪に良い食事は、原則的に肌に良い食事と同じです。
肌は1〜2mmほどの厚さで、0.1mmほどの薄い表皮と厚い真皮からできていまが、表皮の細胞の90%は丈夫な繊維性たんぱく質のケラチンで、バリア機能を果たしています。
表皮の一部の髪もこのケラチンですから、材料となる良質なたんぱく質をしっかりとる必要があります。

ところが、肉や魚の摂り過ぎや、脂肪の摂り過ぎなど偏った食事を続けると、皮脂の代謝をコントロールするビタミンB2が不足することがあります。
代謝しきれない脂質が、毛穴に詰まって炎症を起こしたりたり、頭皮が敏感になったりします。
ビタミンB2は、「美容のビタミン」とも呼ばれ、皮膚や粘膜のトラブル予防に欠かせない栄養素なのです。

ビタミンB2は、野菜や牛乳、卵、そして、豚や牛のレバーに多く含まれています。
ビタミンB2が多めに含まれているボンレスハムを使ったハムと野菜のホットポットは、おいしくなった冬野菜を小さめに切ってあるので、調理時間も短く、朝食に最適です。

管理栄養士:石井多津子

美髪レシピのトップへ戻る

専門医が女性の髪の悩みに応えます。
関西エリア もっと女性が通いやすい病院へ 女性専用の頭髪外来を新設 脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪特集 詳しくはヘアメディカルビューティーへ
特集 私も発毛できた! 主要駅から徒歩5分以内 皮膚科でもサロンでもない髪の専門病院 クリニック別専門外来特集 ウィメンズヘルスクリニック東京 AACクリニック名古屋 脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪 城西クリニック福岡
  • 初診来院予約
  • 無料カウンセリング

あなたと似た症例が検索できます

40代からはじめる女性の薄毛治療

女性の薄毛外来

ウィメンズヘルスクリニック東京浜中院長の書籍が発売されました

美髪のための美味しいレシピ2009年1月