さんまの有馬煮
さっぱりやっこ
【材料 2人分】
さんま  2匹
 150ml
 100ml
砂糖  大さじ1
しょうゆ  大さじ1
みりん汁  大さじ1
黒酢  大さじ2
実山椒の佃煮  大さじ1

※ 総カロリーは1人分 451kcl
(料理製作時に材料を計量して算出した概算です。目安としてご利用ください)

作り方
  1. さんまを購入するときに、魚屋さんで頭と内臓を落としてもらう。
  2. さんまはきれいに水洗いしてから、3cmくらいの筒切りにし、小さじ1/2くらいの塩を全体にまぶしてから、10分程度おいておく。
  3. 鍋に水入れ沸騰させ、さんまを湯の中に入れ、すぐに取り出す。
  4. 鍋に、さんまを重ならないように並べ、水と酒、黒酢を加える。鍋を火にかけ、煮立ったら、砂糖、しょうゆも加え、弱火にして汁が煮詰まるまで煮込む。みりんと、実山椒を加え、煮汁をスプーンでかけながら、味を全体にからませる。
美髪のヒント

紫外線を浴びた髪のダメージが気になる季節です。健康な髪を取り戻すには、食事からのケアーも欠かせません。健康な髪のためには、良質のたんぱく質や鉄、銅、亜鉛といったミネラルが必要です。中でも、銅は、鉄とヘモグロビンの合成を助け、鉄とともに、貧血予防に効果的で、血行を促進し細胞を活性化します。また、黒髪の元のメラニン色素を作る酵素にも欠かせないので、銅が不足すると、髪の色素が抜けて白髪になったり、髪がちぢれたりします。若々しく健康的な髪を保つために、銅は補っておきたい栄養素です。

旬のさんまを山椒の実と一緒に煮た有馬煮は、内臓ごと食べるので、カルシウム、鉄、銅、亜鉛を効率よくいただくことができます。しっかりとした味付けですから、魚嫌いの人にも食べやすく、作り置くこともできるので、旬の時期には、食卓に登場させる回数を増やしてください。

管理栄養士:石井多津子

美髪レシピのトップへ戻る

専門医が女性の髪の悩みに応えます。
関西エリア もっと女性が通いやすい病院へ 女性専用の頭髪外来を新設 Dクリニック大阪 ウィメンズ(旧脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪)特集 詳しくはヘアメディカルビューティーへ
特集 私も発毛できた! 主要駅から徒歩5分以内 皮膚科でもサロンでもない髪の専門病院 クリニック別専門外来特集 Dクリニック東京 ウィメンズ(旧ウィメンズヘルスクリニック東京) Dクリニック名古屋(旧AACクリニック名古屋) Dクリニック大阪 ウィメンズ(旧脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪) Dクリニック福岡(旧城西クリニック福岡)
  • 初診来院予約
  • 無料カウンセリング

あなたと似た症例が検索できます

40代からはじめる女性の薄毛治療

女性の薄毛外来

Dクリニック東京 ウィメンズ(旧ウィメンズヘルスクリニック東京)浜中院長の書籍が発売されました

美髪のための美味しいレシピ2009年9月