牡蠣と白菜のカレースープ
牡蠣と白菜のカレースープ
【材料 2人分】
牡蠣  6個
白ワイン  大さじ1
白菜  2枚
玉ねぎ  1/4個
じゃがいも  1個
にんじん  5cm
セロリ  5cm
トマト  1/2個
にんにく  1片
オリーブオイル  小さじ2
チキンスープ  500ml

(チキンコンソメ1.5個をお湯500mlに溶いたもの)

カレー粉  小さじ2
塩、こしょう  少々
ベイリーフ(ローレル)  1枚
はてなブックマーク livedoorクリップ ニフティクリップ Choix あとで読む Buzzurl Google Bookmarks FC2ブックマーク
作り方
  1. 野菜はすべて1cmの角切りにする。
  2. 牡蠣は水洗いして、ざるに入れておく。
  3. 鍋に、牡蠣と白ワインを入れ、牡蠣がふっくらとするまで炒り煮し、牡蠣だけお皿に取り出しておく。
  4. 鍋に残った牡蠣と白ワインの煮汁にチキンスープに加えておく。
  5. 鍋にオリーブオイルを入れて、1cmの角切りにした玉ねぎとスライスしたにんにくを炒め、しんなりしたら、トマト、セロリ、にんじん、じゃがいも、白菜、チキンスープ、塩、こしょう、ベイリーフも加えて、野菜が柔らかくなるまで煮る。
  6. 途中、カレー粉をくわえて調味する。器に盛り、最後に(3)でお皿に取りだしてあった牡蠣を飾る。
美髪のヒント

髪の健康を保つには、その材料となるたんぱく質などの栄養素を毎日の食事から摂ることが大切です。肌や髪に必要な栄養素や酸素を細胞に送り届けている血液の流れを良くすることも髪の健康には欠かせません。血行をよくし、新陳代謝を活発にすることが大切です。全身の血行をよくする方法はいろいろありますが、これからの寒い季節は、温かい食事を摂って、体を温めることが1番です。

旬の牡蠣は、貧血を予防し、血行をよくする鉄や、細胞の生成に欠かせない亜鉛が多く含まれる、髪の健康によい食材です。冬野菜に含まれるビタミンCは、牡蠣の栄養効果をアップさせ、ポリフェノールには、紫外線から肌や髪を守る抗酸化成分が豊富に含まれています。
冬野菜をたっぷり使ったアツアツのスープがおススメです。今回の「牡蠣と白菜のカレースープ」は、カレーで風味づけをするため、どうも牡蠣の磯の香りが苦手…という方にも試していただきたいメニューです。

管理栄養士:石井多津子

美髪レシピのトップへ戻る

専門医が女性の髪の悩みに応えます。
関西エリア もっと女性が通いやすい病院へ 女性専用の頭髪外来を新設 脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪特集 詳しくはヘアメディカルビューティーへ
特集 私も発毛できた! 主要駅から徒歩5分以内 皮膚科でもサロンでもない髪の専門病院 クリニック別専門外来特集 ウィメンズヘルスクリニック東京 AACクリニック名古屋 脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪 城西クリニック福岡
  • 初診来院予約
  • 無料カウンセリング

あなたと似た症例が検索できます

40代からはじめる女性の薄毛治療

女性の薄毛外来

ウィメンズヘルスクリニック東京浜中院長の書籍が発売されました

美髪のための美味しいレシピ2009年11月