秋鮭の野菜椀
秋鮭の野菜椀
【材料 2人分】
秋鮭 2切れ
里芋 2個
にんじん 1/4本
れんこん 1/4節
こんにゃく 1/3枚
青ねぎ 1本
バター 大さじ1
だし汁 300ml
50ml
砂糖 小さじ2
しょうゆ 大さじ1・1/2
片栗粉 小さじ1
おろししょうが 少々

総カロリーは1人分 278kcl(料理製作時に材料を計量して算出した概算です。目安としてご利用ください)

作り方
  1. 鮭は1口大のぶつ切りにし、塩少々をまぶしてから、熱湯でさっと下ゆでする。
  2. こんにゃくは4cm長さの短冊切り、にんじんは輪切り、れんこんは乱切りにする。里芋は皮をむき、電子レンジで少し加熱(500wで1分程度)しておく。青ねぎは小口切りにする。
  3. 鍋にだし汁を入れ、(1)の鮭と(2)の野菜を入れ、煮立ったら、酒、砂糖、しょうゆで調味し柔らかく煮る。
  4. 水溶き片栗粉をまわし入れ、煮汁にとろみがついたら火を止め、器に盛って、小口切りの青ねぎとおろししょうがを添える。
美髪のヒント

夏の強い紫外線で傷ついたキューテクルは、髪のトラブルの原因です。髪の表面のキュティクルが傷つくと、中心の保水性分が流失し、つやがなくなったり、ぱさぱさしたり、枝毛や切れ毛を起こしやすくなります。

健康な髪を取り戻すために、キューティクルの材料となるたんぱく質は毎日の食事に欠かせません。ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンDなども、髪の発毛促進や育毛に必要な栄養素といわれています。特にビタミンDは髪の発育を促進するといわれています。紫外線に当たると体内でも作られますが、日照時間の短い季節には、食事からもとりたいものです。

秋鮭の野菜椀は、たんぱく質やビタミンDが豊富な鮭と、ビタミンやミネラルの多い季節の野菜を煮合わせたメニューです。少し濃いめの味付けは、新米との相性も良いので、食べ過ぎに注意してください。

管理栄養士:石井多津子

美髪レシピのトップへ戻る

専門医が女性の髪の悩みに応えます。
関西エリア もっと女性が通いやすい病院へ 女性専用の頭髪外来を新設 Dクリニック大阪 ウィメンズ(旧脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪)特集 詳しくはヘアメディカルビューティーへ
特集 私も発毛できた! 主要駅から徒歩5分以内 皮膚科でもサロンでもない髪の専門病院 クリニック別専門外来特集 Dクリニック東京 ウィメンズ(旧ウィメンズヘルスクリニック東京) Dクリニック名古屋(旧AACクリニック名古屋) Dクリニック大阪 ウィメンズ(旧脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪) Dクリニック福岡(旧城西クリニック福岡)
  • 初診来院予約
  • 無料カウンセリング

あなたと似た症例が検索できます

40代からはじめる女性の薄毛治療

女性の薄毛外来

Dクリニック東京 ウィメンズ(旧ウィメンズヘルスクリニック東京)浜中院長の書籍が発売されました

美髪のための美味しいレシピ2010年9月