髪の用語集

抜け毛

髪の毛を洗った時、朝起きて枕を見た時、そこにあった「抜け毛」にドキッとした経験はありませんか?髪の毛が生え成長し、やがて抜け落ちていくことは自然な営みで一生抜けない毛はありません。髪にはヘアサイクル(毛周期)があり、成長期(2〜5年)→退行期(2〜3週間)→休止期(2〜3か月)を繰り返し、古い髪の毛と新しい髪の毛の入れ替えをたえず行っています。自然に抜け落ちる毛は1日に約100本と言われていますが、秋には抜け毛が増えることもあり、1日200本前後抜ける場合もあります。しかし、抜け毛の量が明らかに多くなってきている時は注意が必要です。特に抜けた毛の根の毛球の下にしっぽのようなものがついていたり、左右が対象でなかったりする場合は「異常脱毛」の可能性があります。必要以上の抜け毛を防ぐためには、普段の生活習慣を見直すことが大切です。

【抜け毛予防1:正しいシャンプー法を身に付けましょう!】

自分でできるヘアケアの第一歩が洗髪です。間違った洗髪は抜け毛の大きな原因となります。洗髪は1日1回くらいが適当とされています。その正しい洗髪の仕方ですが、【1】軽くブラッシングをしたあと、ぬるま湯でホコリなどの汚れを洗い流しておきます。このとき頭皮までしっかりぬらすことが大切です。【2】手のひらにシャンプーをとりしっかりと泡立てます。そのあと指の腹を使って頭皮全体をマッサージするように洗髪します。【3】頭皮や髪にシャンプー剤が残らないようにすすぎを念入りに行います。泡が消えてもシャンプーの成分が頭皮や毛髪に残っている可能性があります。目安を3分以上に設定し時間をかけて十分に流しましょう。【4】洗髪後はタオルで十分に水分をとり、ドライヤーで乾かします。ドライヤーは髪に直接近づけず15cmほど離した位置をキープし、熱が一点に集中しないよう、ドライヤーを動かしながらまんべんなく乾かします。

適切なシャンプー法は頭皮のマッサージ効果も高く血行促進にもつながりますので、抜け毛予防にもなります。

【抜け毛予防2:禁煙しましょう】

喫煙は末梢血管を縮小させ、髪を作る毛乳頭細胞が血行不良となり脱毛の原因となります。頭皮の血行が悪ければ、十分な栄養も行き渡らず抜け毛につながります。血管を収縮させ血行不良の原因になるタバコは百害あって一利なしですね。喫煙者の方は、極力喫煙を控えることがヘアケアに繋がります。

【抜け毛予防3:バランスの良い食事】

髪はケラチンというたんぱく質からできていますので、良質のたんぱく質を摂ることが大切です。中でもアミノ酸を多く含む豆腐、大豆製品を摂ることは良いと思います。その他、アミノ酸合成に大切なビタミンB群、健康な髪や肌の維持に欠かせないビタミンC、そして血液の循環をよくするビタミンE、また髪のミネラルといわれている亜鉛やセレンなどを摂取すると良いでしょう。ただし、これらを特別に多くとれば摂れば良いということではなく、栄養のバランスをよく考えて食生活を見直すことが重要です。また、無理なダイエットで急速に体重を減らすことで抜け毛が急速に進むこともあります。健康的な髪の成長には、乱れた食生活はよくありません。

【抜け毛予防4:お酒はほどほどにしましょう】

お酒は適量であれば「百薬の長」と言われるように、上手にお付き合いできると身体に良いこともあります。しかし飲みすぎた場合には生活習慣に乱れが生じて睡眠不足や不規則な食生活を引き起こします。必要以上の飲酒によって体内で必要なたんぱく質が不足し、毛髪の成長を妨げ抜け毛の原因となりますので、ヘアケアのためにはお酒もほどほどが良いでしょう。

【抜け毛予防5:睡眠不足は禁物です】

髪の毛は夜間に成長します。髪の毛根にある毛母細胞の細胞分裂が夜9時前後にピークになり、午後10時から午前2時頃が最も成長すると言われています。夜更かしすることで、毛母細胞の分裂が低下してしまいます。また、昼に受けた髪や皮膚のダメージは寝ている間に働く免疫細胞やホルモンによって修復されています。理想とされる睡眠時間は6〜7時間半ほどで熟睡感じるを得ることも大切です。質の良い睡眠を得ることは、溜まったストレスの解消にも効果的ですので、できるだけ早く寝ることを心がけ、十分な睡眠をとりましょう。

【抜け毛予防6:ストレスは大敵】

あらゆる病気に悪影響と言われているのがストレス。もちろん抜け毛にとっても例外ではありません。ストレスに長時間さらされると自律神経やホルモンのバランスが崩れて血行が悪くなり、細胞へ必要な栄養素の搬送と老廃物の排泄が円滑にいかなくなります。髪にとってストレスは大敵です。適度な運動など自分なりのストレス発散方法を見つけてリラックスするように心掛け、極力ストレスを溜めこまないようにしましょう。

【抜け毛予防7:カラーリングやブリーチ、パーマを頻繁にしすぎないようにしましょう】

カラーリングやブリーチ、パーマなどを頻繁に繰り返すのは、頭皮や頭髪にダメージを与えます。抜け毛や薄毛が気になる人は、ほどほどにしましょう。どうしても必要な人は染料が頭皮に付かないように注意をしてください。

専門医が女性の髪の悩みに応えます。
関西エリア もっと女性が通いやすい病院へ 女性専用の頭髪外来を新設 脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪特集 詳しくはヘアメディカルビューティーへ
特集 私も発毛できた! 主要駅から徒歩5分以内 皮膚科でもサロンでもない髪の専門病院 クリニック別専門外来特集 ウィメンズヘルスクリニック東京 AACクリニック名古屋 脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪 城西クリニック福岡
  • 初診来院予約
  • 無料カウンセリング

あなたと似た症例が検索できます

40代からはじめる女性の薄毛治療

女性の薄毛外来

ウィメンズヘルスクリニック東京浜中院長の書籍が発売されました

女性の抜け毛|女性の抜け毛を防ぐ髪の予備知識