髪の用語集

コラーゲン

コラーゲンは細胞外マトリクスの主成分として皮膚、血管、骨、歯などに存在するタンパク質で、ヒトの体を構成するタンパク質の約30%を占める。コラーゲンの基本単位は、1本のペプチド鎖(α鎖、分子量約10万)が3本集まってらせん構造をしたトリポコラーゲンである。トリポコラーゲンがさらに集まって骨や軟骨などに存在するコラーゲン細繊維を、コラーゲン細繊維がさらに集まって皮膚の真皮や腱などに存在するコラーゲン繊維を構成している。コラーゲンは、生体の結合組織に力学的な強度と弾力性を与えるとともに、生体内の情報伝達の機能も担っているといわれる。2011年2月東京医科歯科大学の西村教授らは、17型コラーゲン(コラーゲンの種類は、30種類以上あるといわれる)が、毛包幹細胞の維持(毛包幹細胞は色素幹細胞のニッチ細胞として機能)維持に必須であり、白髪と脱毛を抑制していることを明らかにし発表した。

専門医が女性の髪の悩みに応えます。
関西エリア もっと女性が通いやすい病院へ 女性専用の頭髪外来を新設 脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪特集 詳しくはヘアメディカルビューティーへ
特集 私も発毛できた! 主要駅から徒歩5分以内 皮膚科でもサロンでもない髪の専門病院 クリニック別専門外来特集 ウィメンズヘルスクリニック東京 AACクリニック名古屋 脇坂ウィメンズヘルスクリニック大阪 城西クリニック福岡
  • 初診来院予約
  • 無料カウンセリング

あなたと似た症例が検索できます

40代からはじめる女性の薄毛治療

女性の薄毛外来

ウィメンズヘルスクリニック東京浜中院長の書籍が発売されました

コラーゲン|女性の髪の予備知識